一般社団法人 岩手県PTA連合会

PTAは皆さんの広場 岩手県PTA連合会 活動内容 会報「PTAいわて」 共済事業 リンク集

岩手県PTA連合会

令和3年度 活動方針ならびに活動目標

すこやかに育て いわてっ子
 - 育てよう 心豊かにたくましく生きる子どもを -

1. 活動方針

 岩手県PTA連合会は、会員の皆様並びに関係機関のお力添えをいただき、昨年度結成70周年を迎えました。今後一層充実した活動を展開するよう努めてまいります。
 本連合会は、定款に定められているように「PTA活動を通して、青少年の健全育成、健康安全及び福祉の増進に係る事業を行うことにより、社会教育、家庭教育及び学校教育との連携を図り、県内における社会教育及び家庭教育の充実に努める」ことを目的とし、県内最大の会員数を持つ社会教育団体として、会員一人ひとりの主体的な活動の継続と改善により、法人団体として社会に信頼ある運営と事業の展開に努めてきました。具体的には、公益目的のための継続事業と自社で運営する共済事業の2つの事業を中心として運営推進を図ってきました。今後におきましても会員相互の資質と意欲の向上を図りながら継続かつ誠実に事業を推進していきたいと思います。
 近年、子どもたちを取り巻く環境や教育事情が大きく変化してきております。
 令和2年以来、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響は計り知れないものとなっております。目に見えないウイルスへの不安と恐怖から、全国的に「コロナ差別」や「コロナいじめ」と言われる、社会を分断するような行動もみられるようになり、大きな社会問題になっています。相手を誹謗・中傷したり、非難したりする姿を見せることは、決して子どもたちのためになりません。今こそ、私たち大人が子どもたちに手本を見せなければならない時です。
 また、依然としてインターネット利用上の問題があります。パソコンやスマホなどの情報機器は、今では私たちの生活になくてはならないものとなっています。その反面、それによって犯罪やネットトラブルに巻き込まれたり、ネット依存症の子どもが出てきたりしています。
 このように、家庭だけで解決できない課題が多くあります。家庭や学校・地域社会がどのように子どもたちを育てていかなければならないかを、互いに手を取り合って共に考えていかなければなりません。
 今年度は、東北ブロック研究大会盛岡大会が開催されます。東日本大震災から10年が経過しましたが、決して風化させることがないよう、研究大会では防災・減災関連の分科会を設定します。それ以外にも先に述べた様々な課題の解決に向けて、これまでの実践を基に、よりよい家庭教育や健全育成の在り方を、東北各地の会員と共に学び合い、深め合える研究大会にしてまいります。
 そして、これまでと同様に、「教育の原点は家庭にあり、子どもの教育の土台は家庭教育にある」ということを合言葉にして、会員の皆様と「子どもの笑顔づくり」のために、夢と希望のある未来を創造し、心豊かでたくましく生きる子どもを育む活動を目指します。

2. 活動目標
  1. 定款や諸規程などに基づく組織運営と目的達成のための事業を推進します。
  2. 会員の相互の交流やコミュニケーションを図りながら資質向上を目指します。
  3. パソコンやスマホなどの情報機器の効果的な扱い方の学習会や研修会を推進します。
  4. 研修会やセミナーの開催方法を工夫し、家庭や学校、地域で協働した教育力の向上を図ります。
  5. 子どもたちの生活環境、社会環境の改善のために関係団体との連携を強化して取り組みます。
  6. 震災や災害復興のための学校教育支援や各単位PTAの活動支援のための事業を推進します。
  7. 岩手県や文部科学省の指導、助言を仰ぎながら共済事業の充実と健全運営を図ります。



 

一般社団法人 岩手県PTA連合会事務局

岩手県盛岡市みたけ3-38-20
TEL 019-641-6444 FAX 019-641-6453 e-mail pta@iwate-pta.or.jp

Copyright(C) 岩手県PTA連合会 All Rights Reserved.