一般社団法人 岩手県PTA連合会

PTAは皆さんの広場 岩手県PTA連合会 活動内容 会報「PTAいわて」 共済事業 リンク集

岩手県PTA連合会

平成29年度 事業報告 (総括)

 一般社団法人に移行して5年が経過し、公益を目的とした法人事業や共済事業の健全な推進と運営を図ってきました。法人移行後の当連合会の運営は、文部科学省や岩手県の行政庁より高い評価を受けており、平成29年度の事業や活動目標として取り組みました6項目につきましては、法人事業・共済事業の中で計画的に滞りなく実施できましたことを報告いたします。このことは、県内の会員の皆様をはじめ、単位PTA・各市町村PTA・地区PTA、関係各位の皆様のご支援ご協力の賜と役員一同深く感謝をしているところです。
 今年度実施した事業について、いくつか補足説明いたします。
 はじめに、東日本大震災の復興支援事業についてです。平成29年度も「PTA希望支援金」と「きずな応援支援金」の2つの事業に取組みました。平成28年度に日本PTA全国協議会から交付されました東日本大震災の教育支援金を県内の小中学校のニーズに応じて支援し、この3月を以て終了しました。1年半に渡って実施したこの事業には、被災地校を中心として県内各地より多くの小中学校から支援要請があり、事業の意義と成果には大きなものを感じました。また、各校のPTA活動を支援する「PTA希望支援金」事業は、今後も継続してまいりますので、ご利用いただければと存じます。
 次に研修事業関係です。昨年8月、仙台で開催しました全国研究大会には、県内より総勢344人の会員の皆様に参加をいただき、盛会裏に終えることが出来ました。本当にありがとうございました。
 また、渋民文化会館で行いましたリーダー研修会での講演とパネルディスカッション、二戸地区と一関地区で行った家庭教育セミナーの講演や内容などにも高い評価をいただきました。特にも各地区で開催しましたセミナーでは、運営面においても地区の皆様の多大な協力で行うことが出来ました。
 続いて共済事業関係についてですが、今年度も滞りなく事業を行いました。その中で、昨年の10月に行いました本会の理事・監事を含めた役員向けのPTA共済事業研修会を開催できたことは、共済事業を進める上で共通理解を深めることができたのではないかと思います。この研修会や事務局員の研修などは、文部科学省の担当者から直接に指導、助言を受けることができるなど本会にとって有効だったと感じています。また、共済事業の中で平成29年度に予定をしていました後遺障害や高額の共済金を審査する共済審査委員会は、該当する案件がなかったために開催しませんでした。このことは、重大な事案がなかったということでよかったと感じています。
 少子高齢化社会、高度情報化社会の到来で子ども達を取り巻く教育環境や教育事情は、日々変化を続けており、私たち保護者に適切な判断と対応が求められています。このような状況において本連合会では、常に教育の原点に振り返りながら学校や地域社会との連携を一層深め、会員の皆様の主体的参加でこれまでと同様に事業展開していく事が必要です。今後とも変わらぬご支援ご協力をお願いいたします。
 最後に、今後とも『子ども達の笑顔づくりのために』を合言葉に、会員一人一人の自主的な参画と結集で魅力あるPTA活動を推進してくださいますようお願いし総括といたします。

 

一般社団法人 岩手県PTA連合会事務局

岩手県盛岡市みたけ3-38-20
TEL 019-641-6444 FAX 019-641-6453 e-mail pta@iwate-pta.or.jp

Copyright(C) 岩手県PTA連合会 All Rights Reserved.